山本こういち

政策

「若松に暮らして正解!」と胸を張れるまちへ

若戸大橋と若戸トンネル無料化で、北九州市若松区は若者定住、人口増加の大きなチャンスです。
放送局時代に報道記者として行政取材をした経験や気象予報士として災害報道にたずさわったこと、そして実況アナウンサーとして数々のスポーツを取材した経験を生かし、暮らしてワクワク、楽しい若松を創るお手伝いに全力を注ぎます。

土砂災害に強いまちづくりと若い世代への災害教育の推進

土砂災害危険箇所の多い若松。市政、国政と連携し災害に強いまちづくりを進めます。
また高校の気象情報活用授業導入など、若い世代への災害教育を推進します。

認知症になりにくいまちづくりと、なっても安心な医療体制の充実

現在、自治体指定の認知症医療センターがない若松に
センターを導入するよう北九州市政と連携します。
また、個々の団体で取り組んでいる認知症への対策事業を
県全体で共有し「認知症対策 福岡モデル」の構築を目指します。

遠距離通学・通勤者への交通費補助制度の導入

県全体でワークシェア! 
食材豊富で物価が安く、子育てしやすい若松に暮らしたいけれど、
通学や通勤の費用が大変で……という人たちのために、
遠距離通学や通勤の交通費を補助し、若松への定住を進める
事業推進を目指します。

その他、福岡県内に数多くあるスポーツチームの
選手を学校に迎えた「アスリート体育授業」や
世界ラリー・フォーミュラE(世界的モータースポーツ)の
福岡県誘致などを推進します!